Be your own pharmacy:薬屋ワークショップ   オーストラリアのワイルドフラワーたちとのセルフケア

今年の3月カリフォルニア州サンタモニカにて、モロッコのハーブ濾過器を使用し、とてもプリミティブな方法でハーブのエキスを抽出しオイルをつくり調合する方法を学ぶ時間をもらいました。かんかん照りのサンタモニカの海の目の前にある、一見そんなスペースには見えない普通の建物。その二階のドアを訪れるとこの上ない香りにつつまれた室内に引き込まれました。

ハーブ、いい香り、オイル、、、、

それらの言葉から、スピリチュアルとかフェミニンな要素なのではないか?、という斜めに物事をみる私。そんな私の疑いを一掃するほど、ワイルドフラワーからエッセンスを引き出す風景は、どこか漢方屋さんにきたような、そして魔女っぽいいい意味で怪しげな風合いを感じたひととき。それからというもののすっかりハーブで薬ににて効能をつくるという魅力にひきこまれております。

自分の薬屋になれる。

帰国してから少しずつ独学中の中で出会ったワイルドフラワーのあれこれ。まだまだ自分でハーブから濾過するもので、日々継続的に生活にとりいれられるレベルまではいたってません。が、ちょっとした時、例えば、息子が夜中まで起き続けている時に落ち着かせられる何かとして、季節の変わり目で乾燥肌で頻繁に肌が傷ついてしまっている時に処方できる方法として、毎月訪れる偏頭痛がきたらできるケアなど、いちいちお医者様に頼らず、自分が自分のワイルドフラワーという知識を使ったドラッグストアーとなりケアできるレベルでできる術があるはず。

そんな折、オーストラリアのワイルドフラワーが持ち備える強いエネルギーのエッセンスがすでにクリームやスプレーという手軽な商品になっているものをつかって、日々ケアできる方法を教えてくれる藤阪樹里さんに再会しました。プリミティブに自分でハーブを濾過してハーブオイルをつかって、なんていう方法はおってみなさんと共有できる時がくればなと思ってます。が、まずは自分の薬屋さんとして自分の身体を日々ケアできるノウハウを知るって大切ではないかなとおもい、今回のワークショップ開催に至ってます。

ジム通い以外や毎朝の運動ストレッチ以外に取り入れるのには今回の手法は手軽でいいなと思ってます。ぜひ性別年齢関係なくご参加くださいませ。

参加希望の方はお名前、電話番号、参加希望日時をinfo@www.thelittleshopofflowers.jpまでご連絡くださいませ。

開催日:

7月13日(月) 12:30-14:00、14:30-16:00(4名ずつ)

7月19日(日) 15:00-16:30、17:00-18:30(4名ずつ)

講師:

藤阪樹里さん
オーストラリアン・ワイルドフラワーエッセンス プロポーザー

婦人科系の疾患で悩んでいた20代後半にオーストラリアンワイルドフラワーエッセンスに出会う。体に出ている症状は心・感情の表れであることを自分の経験を通して体感したことをきっかけに、自分で自分の体と心を整えるセルフケアをオーストラリアン・ワイルドフラワーエッセンスを通して提案している。

ワークショップ内容:

オーストラリアンワイルドフラワーエッセンスを使い、日々の生活でできる自分や家族へのケアを実践ベースですぐにとりいれてもらえるように教えていただきます。

所要時間1時間半

場所:THE LITTLE SHOP OF FLOWERS本店

料金:7560円(税込み)
尚、当日はおつりの必要がないようにご持参下さい。

*料金には受講料以外に下記が含まれます
オーストラリアンワイルドフラワーエッセンスクリーム 1本
エッセンスに含まれるオーストラリアンワイルドフラワーのいずらかを組み合わせた花束をリトルよりお持ち帰りいただきます。

*画像はサンタモニカにてハーブの濾過方法を学ばせてもらった時の様子
image5
image1